続!メモしますから待ってください

映画や本の感想、日々の出来事など記録しています

ドリアン・グレイ

コリンブームは続くよ!

ドリアン・グレイ [DVD]

ドリアン・グレイ [DVD]

 

 

予告編の動画を載せたいところですが

販売元や配給会社がアップしている動画を見つけられませんでした。

日本語字幕なしのオフィシャルの予告編を見つけたので

一応リンクします。

Dorian Gray (2009) Official Trailer # 1 - Ben Barnes HD - YouTube

 

ストーリー(映画.comのドリアン・グレイのページより引用)

オスカー・ワイルドの長編小説「ドリアン・グレイの肖像」を、「ナルニア国物語」シリーズのベン・バーンズ&「英国王のスピーチ」のコリン・ファース共演で映画化したダークファンタジー。美貌と純真な性格を兼ね備えた青年ドリアン・グレイは、一流画家のバジルに肖像画を依頼する。瞬く間にロンドン社交界で注目を集めるドリアンだったが、退廃的なヘンリー卿との出会いをきっかけに堕落の一途をたどっていき……。

 

耽美な世界観とファンタジー?

純粋なドリアンがヘンリーの言葉を真に受けてどんどん堕ちていきます。

途中までは耽美な世界観と、日が経つ毎に変わる豪華な衣装とを

ぼーっと眺めていましたが。

てっきり、精神的におかしくなったドリアンの目からは

肖像画がどんどん腐敗しているように見えて

周りの人たちからは若作りしているねの意味で、昔と変わらないねと言っている、

それか、ヘンリーかバジルのどちらかが

不思議な力を持った人物なのか?と思っていました。

ただの肖像画のはずが、悪魔と契約したということ?

ドリアンが怪我をすると肖像画の同じ場所に怪我があり、本人からは消えている。

そういう不思議なこともあるんだよ?な世界なのでしょうか。

ドリアンを使って遊んでいるようにも見えたヘンリーですが

まさか娘にちょっかい出されるなんて思っていなかったでしょうね…。

何十年と経っても肖像画と変わらない若さの彼が自分の行動を悔い、

肖像画と向き合うことになる最後は悲しげでした。

 

コリン・ファースのひげ!ひげが気になりました。

コリンで検索してこの映画がヒットはしたものの

ひげのおかげで彼だと気づくまで時間がかかりました。

新鮮…長髪なのも見たことなかったかもしれないです。

ドリアンとは違い、ヘンリーは歳を重ねていくので

髪型、ひげ、体格も変わっていきます。

注目するとこういう点もおもしろいですね。