映画の感想と日常風景

映画、本や漫画などの感想をメインに、日常生活や買って良かったものを紹介します

君の名前で僕を呼んで


映画『君の名前で僕を呼んで』日本語字幕付き海外版オリジナル予告編

監督/ルカ・グァダニーノ
出演/ティモシー・シャラメアーミー・ハマー ほか

あらすじ

1983年夏、北イタリアの避暑地。17歳のエリオは、アメリカからやって来た24歳の大学院生オリヴァーと出会う。彼は大学教授の父の助手で、夏の間をエリオたち家族と暮らす。はじめは自信に満ちたオリヴァーの態度に反発を感じるエリオだったが、まるで不思議な磁石があるように、ふたりは引きつけあったり反発したり、いつしか近づいていく。やがて激しく恋に落ちるふたり。しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づく…。

引用:君の名前で僕を呼んで/Amazon

感想

大きな窓からは青々とした木々が見え、川で泳いだり、庭先での食事、草の上で日光浴や読書。日常の些細なことかもしれませんが何もかもがきらきらと眩しい。
自然豊かな北イタリアが舞台です。

 

自分の知らないことや世界を教えてくれる年上の人に憧れたこと、ありませんか?
性別は関係なくとても単純なことで、純粋に惹かれる気持ちだけがある。オリヴァーに惹かれていくエリオに共感できました。

エリオとオリヴァーとの関係性も見所ですが、エリオの両親が彼を大切に想っていて、理解と思いやりがある関係が素敵でした。
エリオがお父さんから言われるとある言葉があって、それは見ている私たちへも通じるメッセージだと思いました。

主演のティモシー・シャラメは22歳なんですね〜若い!映画では17歳の役。若さと恋への情熱が眩しいっ。
繊細な彼に対して自信と余裕があるのがアーミー・ハマー。アンクルが好きで、アミハマが目当てでこの映画が気になっていました。

純粋な恋をする美しさと夢のような儚さの中に現実的な面もあいまって、不思議な雰囲気の映画でした。